このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェルキングの増大効果と正しいチントレ方法を動画を元に解説します

 

チントレジェルキング

 

ジェルキングの正しいやり方ってなかなか分かりませんよね。

 

ジェルキングは海外から入ってきたメジャーなチントレ法で、日本国内でも実践者が多く、効果を実感しやすいことで知られています。

 

ただし、見よう見まねでやって簡単に効果がでるものでもないため、途中で挫折してしまう人も多いのが現状です。

 

短期間でなんとしてでも増大させたい!

 

という人は、このページで正しいジェルキングのやり方を学んでいただき、継続して実践することをおすすめします。解説のベースとなるのは海外のマンモス増大サイト「PEGym」(サイト内の文章は全て英語)のトレーニング動画です。

 

参考ページ

 

 

ジェルキングはちんこを長く太くする効果があります

ジェルキングでちんこを長く太くする

 

ジェルキングの代表的な効果は、ちんこを長く太くすることです。

 

PEGymのサイト内で紹介される動画に沿ってジェルキングを地道に実践していけば、あなたのちんこを今より長く太くさせることが可能です。

 

ジェルキングはチントレの中でもメジャーなトレーニング法で、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

あとで詳しいやり方を解説しますが、ジェルキングは、ちんこを半勃起の状態で何度もしごき、ちんこへ送られる血流を向上させると共に内部の細胞分裂を促し、成長を活性化させる効果があります。

 

ジェルキングの効果が出るまでの期間と実践回数の目安

毎日ジェルキングを実践していけば、最初の1ヶ月で効果を実感できる可能性があります。遅くても3ヶ月程度実践できれば、かなりの効果を実感できることとなるでしょう。

 

効果を実感できるまでの期間は、体質や実践した回数、時間による影響が大きく、誰でもすぐに効果を実感できるとは言えません。

 

しかし、こちらのページで紹介する内容に沿って毎日実践していけば、増大への道はより近づくはずです。実際にPEGymサイト内にある増大フォーラム(サイト訪問者が増大トレーニングでの悩みを書き込む掲示板)では何千人もの実践者が効果を体感しています。

 

正しいやり方で、まずは1ヶ月を目途に続けていき、ある程度の効果を実感できるようならそのまま続けて3ヶ月実践してみてください。2cm、3cnアップもすぐそこに見えてきますよ。

 

正しい方法で実践しても効果が見られない時は、別の方法を検討してみるといいでしょう。

 

 

【動画解説】ジェルキングの正しいやり方について

ジェルキングの効果

 

ジェルキングの正しいやり方についてPEGymの動画を使ってご紹介します。

 

トレーニングの大きな流れは、

  1. トレーニング開始の準備【5分】
  2. ちんこのストレッチ【5分】
  3. ジェルキング実践【10分】
  4. クールダウン【5分】

【計25分】

 

合計25分くらいのトレーニングです。これを毎日続けます。実際にトレーニングをする時間はちんこのストレッチと本トレーニングで約15分で、準備とクールダウンに要する時間は10分程度です。

 

トレーニング開始の準備【5分】

 

トレーニング開始前に必要なアイテムを揃え、トレーニング中取り置きが楽な位置へ配置します。

 

トレーニングに必要なアイテム
  • 軽めに興奮できる画像や動画
  • ちんこを暖めるもの(カイロ、蒸しタオルなど)
  • ローションジェル(市販のものでOK)潤滑剤として使用
  • クーリング用冷却ジェル
  • 拭き取り用のティッシュ

 

適度に興奮できる動画や画像を用意します。ローションは薬局やドラッグストアで売られているものでいいのでフタを開けていつでも手に取れるようにしておきます。

 

 

拭き取り用のティッシュは手元に置いておきましょう。

 

ちんこのストレッチで準備運動【5分】

 

まずは、ちんこを暖めます。カイロをパンツの上から当て2分〜3分程度暖めます。(入浴やシャワーで暖めてもいいです)

 

自分の体温以上にちんこが暖まってきたら、ストレッチ開始です。

 

ちんこを半勃起状態にして前方に伸ばしたり、左右に曲げてみたり、ぐるっと回してみたりちんこの内部細胞を意識しながら痛くない程度にストレッチします。

 

本格的なトレーニングを行う前にちんこのストレッチをします。いきなり激しくしごいてしまうと竿や皮を傷つけてしまい、裂傷や摩擦による火傷を起こしてしまうことがあります。

 

特に、気温の低い時期でのトレーニングや朝立ちを使ってトレーニングする場合は必ず開始前にストレッチをしましょう。

 

ジェルキング実践【10分】

 

 

PEGymの動画内は英語解説のため動画から抜き取った画像を使って説明します。

 

摩擦による裂傷や火傷を防ぐためちんこ全体にローションを塗ります

 

両手の親指と人差し指でOKサイン作りちんこを挟みこみます。

 

OKサイン

 

片手でちんこの根元を押さえ、もう片方の手で亀頭に向かってスライドさせます。右手と左手を入れ替えながらスライドさせます。同じ手ばかりでスライドさせると、ちんこにクセがつき、湾曲してしまう恐れがあるので必ず交互に入れ替えてください。

 

ジェルキング左右

 

OKサインでバナナがグチュツっと潰れ程度の力加減で行います。画像のように左右の手を入れ替えながら行ってください。

 

1回につき10分、ちんこの様子をみながら行ってください。1日3セット〜6セットを目安に実践するのが効果的です。時間短縮にはサプリを使ってください。効率がいいです。サプリとの併用であれば1日2セット〜3セットでOKです。

 

トレーニング後のクールダウンケア【5分】

 

トレーニング後は竿や亀頭にダメージを残さないように、冷却ジェルなどでちんこ全体をクーリングしていきます。食材用の保冷剤でも結構ですが、そのままちんこに当てると冷えすぎてしまうのでハンカチなどでくるんでおくといいでしょう。

 

ちんこ全体を満遍なく冷やすには、アイス枕で使用するような冷却ジェルを用意するといいでしょう。

 

 

以上がジェルキングの正しいやり方です。

 

これを正しく実践することで早ければ最初の1ヶ月で増大効果が見込めます。僕自身はジェルキングと増大サプリを併用して4ヶ月で+2.4cmを実現してます。

 

 

ジェルキングをやる時の注意点

ジェルキングを実践する際の注意点について簡単にまとめておきます。

 

トレーニング開始前は必ずローションを塗って裂傷を防ぐ

 

トレーニング開始前は必ずローションをちんこの全体に塗り摩擦を軽減させます。実践中は想像以上に摩擦の刺激をうけます。普段しごいていても問題ないから大丈夫と簡単に考えず、しっかりとケアしていきましょう。

 

ちょっとグロいですが、裂傷が起こってしまった亀頭の画像です。(亀頭の傘の下あたりが裂傷を起こしています)

 

ジェルキングの傷
画像:What is penis discharge?

 

Jelqing can lead to pain, irritation, scar formation, and blood vessel tears,says Cosmo Radio womens health expert Jennifer Wider, M.D., author of The New Moms Survival Guide.
ジェルキングは傷み、刺激、瘢痕形成、血管裂傷を引き起こす可能性があると、The New Moms Survival Guideの著者、Cosmo Radioの女性の健康専門家Jennifer Wider、MD は語る
引用:http://www.cosmopolitan.com/sex-love/advice/a4189/jelqing/

 

チン毛が原因の裂傷に注意

 

チン毛が生えていると、しごいている時に摩擦で竿の皮を切ってしまうことがあります。チン毛がカミソリのようになって皮を切ってしまいます。差支えないようならパイパンで、最低限、根元の毛を短くカットするようにしましょう。

 

包茎の人は皮を伸ばさない

 

包茎の人は皮を伸ばさないようにしごきます。しごいている最中に亀頭より上に皮を引っ張らないように亀頭の傘の手前で指を止めてください。

 

亀頭より先に皮を伸ばしてしまうと、包茎が悪化してしまう可能性があります。

 

以上が、ジェルキング実践時の注意点です。

 

補足ですが、ジェルキングの効果について否定的な意見をいう人がいます。そういった意見に惑わされて途中でトレーニングをやめてしまうのはもったいないです。

 

実際に続けた人にしか効果は実感できません。

 

ジェルキングは「効果なし」だとか「嘘だ」」という人もいます

ジェルキングの効果がないという人

 

これについては、信じてやるしかないです。

 

誰でも絶対にでかくなれるトレーニングなんてありません。信じてやりきった人だけが効果を実感できます。絶対に痩せられるダイエット法が存在しないのと同じです。まずはやってみることからです。結果はそのあと。

 

先ほどから紹介しているPEGymの実践者フォーラムでは多くの人の実践記が記されています。

 

Those are awesome gains! Keep up the good work. I gained half an inch in my first month and you already gained an extra half inch on top of that. I gotta say, I am jealous. But more so...Im inspired. And thats what this should all be about.

 

素晴らしい!そのまま続ければいい。私は最初の1ヶ月で0.5インチ増えたが、君は既にその上をいき1インチを増大したんだね。

 

I now have a flaccid length of 5 inches sometimes 5.5 inches. I have also seen an increase in erect length, from 5.5 inches to 6.5 inches.

 

大きい時では5.5インチ。直立であれば5.5インチから6.5インチの大きさだ。

 

Its given me amazing girth gains in just 4-6 weeks.

 

ちょうど4〜6週間で驚異的に増大した。

 

ジェルキングの効果を早めるためのテクニック

ジェルキングの効果が得られるのは一般的に1ヶ月〜3ヶ月ほどです。ですが、なかには半年、1年実践しても効果を実感できない人もいます。

 

そういった場合に活用されているテクニックを紹介します。ジェルキング開始から1ヶ月目で全く変化が現れない場合に試してみてください。

 

増大器具(増大グッズ)を使ってトレーニング

 

増大器具(グッズ)

 

増大器具にさまざまな種類が販売されています。画像のようなちんこを挟み込んでしごく商品、エアーの吸引力でちんこを吸って伸ばす商品、一時的にちんこ内の血液をせき止める(コックリング)商品など種類は豊富です。

 

物足りなさを感じたり、腕が疲れたりした場合はこういったグッズを活用してみるのもありでしょう。

 

加圧テクニック

 

ジェルキングに加圧テクニックを導入します。

 

加圧トレーニング

加圧トレーニングとは、筋肉に高負荷の状態を作りだし筋トレの効率上げるテクニックです。対象とする筋肉の根本を布製のバンドなどで締め付け、血液を逃しにくくするトレーニング法です。血液を逃がさないということは、乳酸などの代謝物が溜まりやすくなり筋肉疲労が早く訪れます。これが、高負荷で筋トレを行った時と同じ状態となる。

 

コックリングの装着

 

先ほども紹介しましたが、コックリングがその役目を果たします。ちんこの根本部分にコックリングを取り付けた状態でトレーニングをすると、体感ではありますが普段以上の膨張を味わうことができます。

 

増大サプリを使って効率アップ

 

ヴォルスタービヨンドの効果と口コミ

 

実は、成果を上げている人のほとんどが増大サプリとジェルキング(それ以外のチントレ含む)を併用しています。

 

増大サプリを服用しながらトレーニングを重ねることで、トレーニングの効率効果の確実性を向上させることができます。

 

体の内部と外部からアプローチすることで効果的にちんこを構成する海綿体細胞の増殖を促します。

 

サプリは筋トレでいうプロテイン

 

増大サプリは筋トレでいうところのプロテインです。プロテインは、新しい筋肉をつくる上で重要な栄養素。筋肉や肌、細胞および髪の毛を作り出すエネルギー源となります。

 

プロテインとは英語で「たんぱく質」という意味。たんぱく質を構成するのがアミノ酸です。筋トレ後に必要なアミノ酸を摂取することで筋トレによって負荷を掛けられた筋肉が効率よく増強していくのです。

 

チントレも同じ理論です。ジェルキングを始めとするチントレを行った後にアミノ酸成分が豊富に含まれた増大サプリを摂取することで、海綿体細胞の増殖を促し、新しい細胞や皮膚を作り出すエネルギー源となります。

 

 

【参考ページ】

 

「ジェルキングとミルキング」の効果を比較しました

日本で主流となっているチントレ法には、今回紹介した「ジェルキング」と、もう一つ知られているのが「ミルキング」です。

 

どちらのトレーニング法にもメリット・デメリットがあり、あなたの状況に合わせて実践するのがいいでしょう。

 

ただし、現在ではミルキングの実践者は非常に少ないようです。元々、ジェルキングの改良版として知られるようになったミルキングですが、トレーニング中の動きがさらに単調になったせいもあり途中で断念してしまう人が多いです。

 

そのため、なかなか効果を実感できる人が少なく実践者の数も減っていったのではないかと思われます。

 

ここでジェルキングとミルキングのメリット・デメリットについて比較してみます。

 

ジェルキングとミルキングのメリット・デメリット

  メリット デメリット
ジェルキング
  • 亀頭に血液を集中させることができる
  • カリ高が作られる
  • 勃起状態を維持しやすい
  • 皮が伸びやすい
  • 皮を痛めやすい
  • 途中射精しやすい
ミルキング
  • 皮が伸びにくい
  • 腕が疲れない
  • 途中射精しにくい
  • 腫れやちんこの湾曲が起きやすい
  • トレーニング時間が長い
  • 勃起状態を維持しにくい
  • 効果を実感しにくい

 

上記の表のようにジェルキングとミルキングにはそれぞれメリット・デメリットあります。

 

ジェルキングは、効果を早く感じたい人で包茎の心配がない人におすすめで、ミルキングは、包茎が心配な人におすすめです。

 

チントレの目的が、

 

「ちんこに大量の血液を送り込み、海綿体内部を血液でいっぱいにし、大量のホルモンを分泌させること」

 

ですので、こちらを考慮すれば、ジェルキングの方が効率よくトレーニングできることになります。

 

ジェルキング、またはミルキングかどちらのトレーニング法を取り組むか迷ってしまった時は、包茎が気になるようでしたらミルキング。そうでない場合はジェルキングを実践してみるといいでしょう。

 

 

【次ページ】

このエントリーをはてなブックマークに追加