このエントリーをはてなブックマークに追加

ぺニス増大成分シトルリンとアルギニンの増大効果をまとめました

ペニス増大サプリに含まれている成分として、よく挙げられるのがシトルリンとアルギニンです。この2つの成分にはちんこ増大に欠かせない作用があります。そのため多くのペニス増大サプリで活用されており、成分を多く含むサプリメントの開発も日々行われています。

 

シトルリンとアルギニンにcはどのような増大効果があるのか?

シトルリンとアルギニンには、一酸化窒素を作り出す効能があります。どちらもアミノ酸の一種で、人間の体を構成しています。シトルリンは見つかってからまだ100年も経っていない成分で、最初は日本でスイカから発見されたものです。当初は医薬品に利用されていましたが、現在ではサプリメントにも使用できるようになりました。

 

シトルリンはむくみ解消など多くの効果を持っていますが、体内で一酸化窒素を作り出して血管を広げることが主な効果として知られています。血管を広げると言うことは、ちんこへ流れる血の量も増加すると言うことです。うっ血が原因でちんこがでかくならない場合には効果的な物質です。

 

参考記事:ウィキペディア (シトルリン

 

 

もちろんうっ血していない場合でも、海綿体に流れる血流が多くなればちんこも自然と増大します。海綿体は血液を吸って膨れる性質があるからです。チントレも合わせて行えば更に効果的です。

 

アルギニンは血管の拡張だけでなく、成長を促す作用も合わせ持っています。成長期には欠かせない栄養素として知られており、ちんこ増大を目指す人には最適です。また体内の解毒作用もあり、疲労回復にも効果的です。アルギニンも食物から摂取することができますが、1日の推奨量が多いのでサプリメントからの摂取が簡単です。

 

アルギニンを摂取することで成長ホルモンの分泌なども行われやすくなり、ちんこの成長を促したい人に最適です。

 

参考記事:ウィキペディア (アルギニン

 

最終的には海綿体の細胞が増加することによって、ちんこの増大が完了します。もちろんシトルリンとアルギニンを飲んでいるだけでちんこがでかくなるわけではありません。

 

トレーニングも合わせて必要になるため、自分の努力も大切です。筋肉を増やして体作りを行うのと同時にチントレも行っていきましょう。

 

ホルモン分泌を促す意味では、亜鉛の摂取も大切です。

 

亜鉛は多くのホルモン分泌に関わっている成分です。生殖機能を維持するためには欠かせないものです。

 

参照:若さ生活 「亜鉛

 

亜鉛は食物から取り入れるのが難しいミネラルで、欠乏しやすいことが特徴です。食品に入っている亜鉛の量がそのまま取り入れられるわけではなく、個人差はありますが吸収率の低い成分として知られています。

 

男性ホルモンを活発化させたいのであれば、亜鉛は毎日推奨量を摂取しておくことが大切です。また上限量もありますが40mg〜45mgが上限になっており、食品からこれだけの亜鉛を摂取することは難しくなっています。

 

1日に必要なシトルリンとアルギニンの摂取量

シトルリンとアルギニンは、アミノ酸の一部のため個別に摂取量の目安が国で設定されているわけではありません。必ずこれだけ摂らなければならないと厳密に決められているわけではありませんが、サプリメントの販売会社が研究などを元に推奨量を定めています。

 

サプリメントメーカーなどが推奨しているアルギニンの摂取量目安は2000mg〜4000mg前後です。もちろん年齢や目的に応じて必要量は前後します。

 

シトルリンは各サプリメントメーカーで800mg程度を推奨量としています。ペニス増大サプリの販売会社などでは、主に推奨量を満たすような配合を行っていることが基本です。

 

もしペニス増大サプリの公式サイトなどでシトルリンやアルギニン、亜鉛の配合量が不明な場合には気をつけましょう。ちんこ増大には欠かせない成分ですが、量が少なければ増大効果も出にくくなります。

 

また、亜鉛は成人男性で10mgの摂取が推奨されています。

 

参考記事:日本人の食事摂取基準2015

 

サプリメントからシトルリンやアルギニン、亜鉛を摂取して摂りすぎになってしまう心配はあるのでしょうか。これらの成分は食材から摂取するのが難しいため、ペニス増大サプリを飲んでいたからと言って摂りすぎになってしまう心配はほとんどありません。

 

シトルリンやアルギニンはどんな食材に含まれているのか

ではもし食材から摂取をしようとした場合、シトルリンやアルギニン、亜鉛はどのような食材に含まれているのでしょうか。

 

シトルリン

 

  • スイカ
  • きゅうり
  • メロン

 

まずシトルリンはスイカ以外の果実にはあまり含まれていません。スイカには100gあたり180mgのシトルリンが含まれています。瓜系の食物にはいくつかシトルリンが多く含まれるものがありますが、次にシトルリンが多い食材はメロンで100gあたり50mgです。

 

きゅうりもシトルリンが含まれますが、100gあたり9.6mgとかなり量が少なくなります。
1日の推奨量から考えるとかなり多くスイカやメロンを食べている人でなければ、シトルリンを食物から十分に摂取することは難しいのです。

 

アルギニン

 

アルギニンが多く含まれるのは豚のゼラチンです。豚のゼラチンには100gあたり8000mgのアルギニンが含まれています。しかしゼラチンは豚の脂分なので、100g毎日摂取していてはカロリーオーバーの危険性もあります。

 

亜鉛

 

亜鉛は牡蠣に多く含まれていますが、それ以外から1日の必要量を摂取するのは難しくなります。

 

この記事のまとめ

 

シトルリンとアルギニンを摂取することで、一酸化窒素の生成から血流アップ、海綿体への血流増加によるちんこ増大が行われます。また亜鉛やアルギニンはホルモンの分泌も促してくれる成分です。そのためちんこの成長も促すことができます。

 

ペニス増大サプリを選ぶ場合にはシトルリン、アルギニン、亜鉛が配合されているのかを確認しておきましょう。もちろんハーブや動物性素材の中にもアルギニンやシトルリンを含むものがあるため、その点も考慮しておきましょう。

 

食材から摂取する方法もありますが、シトルリン、アルギニン、亜鉛は食材に含まれている量が少なく特定の食材からしか多く摂取することができません。

 

シトルリンを補給するならスイカが主な補給源ですが、400g以上食べる必要があります。アルギニンが多く含まれる豚ゼラチンの脂分が心配ですし、亜鉛も牡蠣以外から摂取するとなるとかなりの量を必要とします。

 

必要な量を食材だけで補うには無理があるため、ペニス増大サプリを利用してサポートを行う必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加