このエントリーをはてなブックマークに追加

ちんこが柔らかい7つの原因

ちんこが柔らかくなる原因

 

柔らかくふにゃふにゃな原因は、ちんこに充分な血液が送られないからです。

 

普段の生活のなかで全身の血流を阻害してしまうことがちんこを柔らかくしてしまう原因です。

 

特に、習慣化された行動が血流悪化を招いていることが多いので、7つの原因については注意してチェックしてみてください。

 

栄養素が足りていない

 

いきなり栄養素が足りていないと言われても、どんな栄養素が足りてないんだと思われるでしょう。これは、血液循環率の向上や内部組織への血液充填量を増加させる効果のあるL-シトルリンやL-アルギニンです。

 

他にも血行促進効果のある栄養素はたくさんありますが、ちんこの硬化や増大に特化した成分はこの2つです。

 

スイカや瓜、豚のゼラチン質に多く含まれる2つの成分は、普段の食事からは摂取しにくいですが、効果のある増大サプリであれば1日3粒で簡単に摂取できます。サプリメントの作用についてはこちらをご覧になってみてください

 

 

筋力の低下

 

運動不足により筋力が低下してしまうと、勃ちや硬さが衰えてしまいます。傾向としては、学生時代に運動部に所属していたが、成人と同時にスポーツをやめてしまった人にこういった症状が多く見られます。

 

スクワットなどの適度な運動を毎日の生活のなかに取り入れて失った筋力を取り戻しましょう。

 

 

肥満や暴飲暴食

 

肥満の人はちんこが脂肪にめり込んでしまうことがあります。特に、中年太り(ポッコリお腹)の方に多いようですが、引き出すには手術が必要です。

 

肥満や暴飲暴食は、全身の血流を悪くするだけでなく血管を細くし、血液がドロドロになってしまいます。ちんこへ送る血流を維持するためには、「適正体重の維持・食生活の改善」が必要です。

 

飲酒・喫煙

 

お酒は飲んだ量に関わらず感覚神経を麻痺させてしまいます。さらに、中枢神経の伝達も悪くなるため性的興奮を受けても海綿体へ血液が集まりにくくなることから勃ちが悪くなります。

 

アルコールに関しては、分解する際に勃起に必要なビタミンBやビタミンC、亜鉛などを消費してしまい、勃起を阻害します。

 

喫煙が血流を阻害するのは周知の事実です。アイコスでも従来のタバコでも受動喫煙でも、含まれている有害物質に大差はありません。

 

仕事などのストレス

 

仕事などでのストレスが原因でしっかり勃起できないことがあります。心因性勃起障害です。上司からの圧力や大きなミスを犯したなどの精神的苦痛から強いストレスを受けまともに勃起できないことがあります。

 

こういった時は、脳からの指令が弱く、海綿体神経系へ血液が集まりにくくなります。勃ってもすぐに萎えてしまいフル勃起しないことがあります。

 

対策としてはまずは寝ること。人は睡眠中に脳内にある情報を整理します。必要な情報と切り捨てる情報を選別し生きていくために重要なものを記憶として残します。大きなミスや、上司からの心無い言葉は記憶として定着する前に切り捨てます。

 

疲労が原因で勃たないことも

 

ストレスとも関連してきますが、肉体労働か事務仕事に関わらず疲労困憊といった状態では、エロいことに集中できないためフル勃起できないことがあります。

 

無理せず休みましょう。

 

オナニーのやりすぎ

 

オナニーをやりすぎると硬さや勃ちが維持できなくなることがあります。

 

過激なビデオを観すぎたり、特別な性癖を持っていたりすると、オナニーの時は問題なく勃起できてもいざ本番になるとフル勃起できない場合があります。オナニー時の刺激が強すぎて実物の女性では満足できないことが原因です。

 

【参考ページ】

このエントリーをはてなブックマークに追加