このエントリーをはてなブックマークに追加

ちんこが小さい人がでかくなる解決法

「ちんこの大きさ」のことで誰にも相談できずに悩んでいませんか?

 

Hの時小さいと言われた過去がある
初めてのHで彼女にがっがりさせてしまわないか不安

 

ひとそれぞれ悩みの度合いは違えど、ちんこが小さいというのはコンプレックスに他なりません。

 

こちらのページでは、ちんこがでかくできるようその解決策について詳しくご紹介します。管理人の私が、実際の体験を元にご紹介する方法です。地道にやれば、数ヶ月で4センチの増大も不可能ではありません。

 

ちんこが小さい悩みを解決するには

 

ちんこが小さい悩みを解決するには、自力ででかくするか、手術を受けるかの2択しかありません。

 

成長期以降は成長ホルモンの分泌も弱まるため自然に大きくなってくることはありません。

 

手術でちんこをでかくする

 

手術は、高額であること副作用等のリスクがあること、手術後一定期間はオナニーも性行為も、入浴すらできないことからおすすめはできません

 

 

長茎術

 

長茎術は、体内に埋もれているちんこを引きだして長くする手術です。

 

体内に埋もれているちんこを引きだし、ちんこを支える靭帯を固定して長さを維持させます。手術の内容にもよりますが、1回の手術で大体30万円〜50万円程度が必要になります。

 

オナニーを含む性行為は1ヵ月禁止、入浴は約2週間後からです。アルコールや激しい運動については術後1週間で大丈夫なようです。

 

陰茎増大手術

 

陰茎増大手術とは、自分のお腹などから取った脂肪をヒアルロン酸などと混ぜてちんこに注入する方法です。

 

注入後に体が受け入れる確立は30%〜50%と低く、手術のやり直しや他の手術との切り替えがあるかもしれません。

 

陰茎増大手術は、体の他の部位から脂肪を取る手術が必要なため、体への負担が大きくなります。さらに、痩せ型の人は手術を受けられない。

 

手術時間はおよそ1時間程度、金額は80万円前後になっています。

 

亀頭増大系手術

 

亀頭増大系手術は、自分のお腹などから採取した脂肪を、アクアミドと呼ばれる半永久的に溶けないヒアルロン酸成分と混ぜて、亀頭部分に注入する手術です。

 

術後は亀頭周りが20%〜30%の増大が期待できます。治療時間は5分〜10分と短く、入浴や性行為などの制限も比較的軽くなっており、手術の中でも復帰が早いです。

 

  • 入浴:翌日から
  • 性行為:1週間後から

亀頭増大手術は、自分のお腹の脂肪を採取する必要があるため、体への負担が大きいこと、増大手術とは別に脂肪採取手術が必要になるため、高額になるケースが多いようです。

 

亀頭増大手術21万円〜23万円+脂肪採取手術15万円〜25万円程度の予算が必要です。

 

自力でデカくする

 

男のシンボルとして大事なちんこを副作用などのリスクに晒したくないという人の方が多いはずです。自力でデカくするには、地道なチントレが有効です。

 

ちんこの大きさは、遺伝だけで決まるものではありません。

 

チントレとは、ちんこ増大トレーニングの略で、ちんこを伸ばしたり、揉んだり、搾ったりしてちんこを増大させる方法です。欧米人などは思春期の頃から当たり前に行っており、ひとつの風土と根づいています。その結果、デカマラなどと呼ばれるイチモツが完成するのです。

 

チントレのご紹介

 

チントレは、大きく2つのトレーニング法があります。1つは、体内に埋もれているちんこを引きだす「長さ」をだす目的のもの。2つ目は、亀頭に血液を集めて細胞増殖を促し、「亀頭増大・太さ」を狙うものがあります。

 

どちらか一方を偏ってやるより、両方合わせて実践することで理想のちんこを手に入れることができます。

 

ジェルキング

 

ジェルキングは、体内に埋もれているちんこを引きだすトレーニングで、「長さをだす」のが目的です。

 

トレーニング前に、ちんこ全体にローションやジェルを塗ってトレーニングでの摩擦を軽減させます。片方の手でちんこの根元を押さえ、もう一方の手は人差し指と親指で輪を作りちんこを締めつけます。

 

ちんこをギュッと握った状態で指で作った輪を10秒ほどかけて亀頭へ滑らせていきます。これを10セットほど。1日3回〜5回は行います。

 

ジェルキングの詳しいやり方については、こちらのページでご紹介しています。ぜひご参考にしてみてください。

 

 

ミルキング

 

ミルキングは、亀頭に血液を集めることで「亀頭の増大」を狙い、さらに、細胞増殖を促すことで「太さ」にも効果があると言われています。

 

ミルキングは、牛の乳搾りの要領で行うことからその名が付けられました。半勃起させた状態でちんこ全体にローションやジェルを塗り込みます。

 

次にちんこの根元を小指1本で引っかけるようにして持ちます。薬指⇒中指⇒人指し指の順にちんこ内部の血液を亀頭に向かって搾りだすように押さえていきます。

 

これを1回3セット程度、1日に3回は行います。詳しいミルキング法についてはこちらでも紹介していますので参考にしてください。

 

 

チントレ実践時の注意点

 

ちんこにダメージを与えない

 

チントレを実践するうえで注意したい点があります。チントレをやりすぎると、水ぶくれや裂傷、赤いぶつぶつなどができてしまう恐れがあります。特に「よし、やるぞ!」と意気込んで始めると数日でこのようなことが起こります。

 

ちんこの状態を見ながら実践しましょう。

 

効果が実感できるのは「年単位」

 

チントレだけでは効果が発揮されるまでに数年かかってしまうということも考えられます。半年や1年単位でちんこをでかくしたいとお考えなら待ちきれないかもしれません。

 

地道に続けるしかありません。

 

こういったことを考えると、ちんこをでかくするには「チントレだけでは不完全」です。

 

筋トレでいう、腕立て伏せやスクワットがチントレです。筋トレだけでは、綺麗な筋肉も作れませんし、効率が悪いです。やはり、プロテインのように体の内側からも必要な栄養を補給してあげることが必要です。

 

体の外側と内側から攻めることで「効率よく増大し、綺麗な形のちんこ」が自然とできあがっていきます。

 

ちんこ増大の場合は、増大系サプリメントを上手に活用することでちんこの内面からもアプローチできます。実際に、私も増大系サプリを使用するようになってからは劇的に増大効率が上がっていきました。

 

増大サプリはちんこの細胞増殖を活性化

 

チントレは、ちんこの外側から鍛練する方法ですが、サプリメントはちんこの内側から増大に必要な栄養素をサポートするものです。

 

ちんこの内部には海綿体というスポンジ状の細胞があります。この海綿体に血液が送り込まれて、血液で満たされると勃起状態になります。

 

今よりちんこをでかくするには、海綿体が許容できる血液を増やしてあげる必要があり、そのためには海綿体細胞の増殖が必要です。増大系サプリメントに期待するのは、海綿体増殖を促す作用です。

 

海綿体細胞の増殖を促す栄養素

 

海綿体の増殖を促す効能のある栄養素は、アルギニンやシトルリンです。アルギニンやシトルリンは、ちんこに流れる血管の拡張を図り、血行促進、血液量増加の効能があります。

 

アルギニンやシトルリンは自然食品の中にも含まれている栄養素ですが、微量しか含まれていません。普段の食事のなかから摂取するのは非常に困難です。

 

そのためサプリメントを活用します。

 

アルギニンやシトルリンが配合されたサプリメント

 

アルギニンやシトルリンが配合されたサプリメントは国内でも流通していますが、1日の必要摂取量をしっかりと摂取できるサプリは多くありませんし、なかには詐欺まがいの商品もあります。

 

サプリを選ぶ際は、1日の必要摂取量がしっかり含まれているもの、配合量が表の箱にしっかりと明記されているものを選ぶようにしましょう。※詐欺まがいの商品には配合成分が表記されていません。

 

1日分の栄養素を3粒で摂取できるサプリは「ヴォルスター ビヨンド」

 

 

  • 1日に必要な増大成分を配合
  • 日本人男性向け国内生産
  • アスリート御用達の成分「ジオゲスニン」配合

 

ヴォルスタービヨンドの詳細はこちら>>

 

チントレと増大サプリの相乗効果

 

チントレと増大サプリのどちらか一方だけでは、ちんこはでかくなりません。

 

特にサプリだけ飲んででかくなるなどということはありませんし、ダイエットと同じです。「食べるだけで痩せられるクッキー」などというのが妄想であるのと一緒です。

 

チントレとサプリの相乗的な効果によりちんこはでかくなっていきます。

 

ちんこの大きさにコンプレックスを抱いていた私もこのことに気づくまでには時間が掛かりました。付き合った彼女に裸を見せる勇気がなく、帰宅後自分で済ませたりすることもありました。

 

風俗へ行くのもなんか違うなと思う部分もありましたし、ちんこについて話題になるのが怖かったです。

 

そのなかで、でかくする方法を思考錯誤してきました。色々試してきたなかで見つけたのが、チントレとサプリの併用です。

 

日を追うごとに、太く、たくましいちんこへ近づいていくのが実感できました。今では、堂々と彼女の前で裸になれますし、ちんこの話題に怯えてしまうこともなくなりました。

 

私は、ここまでくるのに2年の月日を費やしましたが、このページを読まれているあなたには無駄な時間を使ってほしくないです。私の経験がお役に立てることができれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加