このエントリーをはてなブックマークに追加

ちんこを硬くする方法について

ちんこを硬くする方法

 

なぜか最近ちんこが柔らかい。以前のようにギンギンにならない。

 

ちんこの硬さは、ちんこの内部にある海綿体細胞の硬さにより決められます。性的興奮を受けると海綿体内部に大量の血液が送り込まれ、膨張し、硬くなり勃起します。

 

では、なぜ、以前はギンギンだったちんこがふにゃふにゃになってしまうのでしょうか?まずは、ちんこを硬くする方法の前に、柔らかくなってしまう原因についてみてみましょう。もしかすると、何気ない生活習慣が引き金となってふにゃチンを生み出してしまっているのかもしれません。

 

ちんこを硬くする方法をすぐに見る>>

 

ちんこが柔らかくなるのはなぜ?

 

ちんこが柔らかくなるのは、海綿体に充分な血液が送られなくなってしまうのが原因です。

 

海綿体に血液が充満してちんこが硬くなるなら、反対に柔らかくなってしまうのは海綿体に充分な血液が送られなくなってしまうのが原因です。

 

そして一気に海綿体へと血が流れ込み、無数の糸のような血管に血液が流れ込み、血液の圧力によって、海綿体は硬くなります。これが勃起という現象です。

 

浜松第一クリニック:勃起の仕組み

 

海綿体に血液を送り込む動脈に原因があるか、勃起の指令を出す神経系に問題があるかによって血液が十分に海綿体内部に行き渡らない状態です。

 

上述したように、ちんこの硬さは海綿体の強度により決められます。海綿体内にしっかりと血液が充填されないと満足な強度が得られません。

 

20代でのEDリスクは全体1割「過剰に心配しなくてもOK」

 

ここでひとつ心配なのが、EDです。日本人の成人男性のうち1,000万人以上がEDと言われており、加齢と共にそのリスクは上がっていきます。

 

ただし、20代の男性に関しては全体の1割以下となっているのでそれほど心配する必要はありません。

 

EDの年齢別分布
出典:浜松第一クリニック(EDとは?

 

危険なのは40代男性です。こちらは全体の34%を占めており、それ以降はさまざまな要因によりEDリスクは高まっていきます。

 

特に40歳を過ぎると、男性更年期や糖尿病、高脂血症、生活習慣病などが引き金となりちんこに送られる血液が減少しEDとなってしまいます。

 

EDとは?浜松第一クリニック>>

 

では、なぜ20代〜30代は勃ちが悪くなったり、柔らかくなったりしてしまうのでしょうか?考えられる要因をいくつかあげてみます。思い当たるフシがあるようでしたら要注意です。

 

ちんこが柔らかくなる4つの原因

ちんこが柔らかくなる原因

 

ここでちんこが柔らかくなってしまう原因を大きく4つに分けてご紹介します。思い当たる部分がないかチェックしてみてください。

 

仕事などのストレス

 

20代や30代にありがちなのが仕事などでのストレスが原因でしっかり勃起できないことがあります。会社で上司からの圧力が強かったり、大きなミスをしてしまったり、責任重大なポストを任されたりした時は、そちらが気になってしまうセックスに集中できないということがあります。

 

こういった時は、脳からの指令が弱く、海綿体神経系へ血液が集まりにくくなります。勃ってもすぐに萎れてしまったり、フル勃起しないことがあります。

 

疲労

 

ストレスとも関連してきますが、肉体労働か事務仕事に関わらず疲労困憊といった時では、フル勃起できないことがあります。

 

飲酒

 

お酒は飲んだ量に関わらず感覚神経を麻痺させてしまいます。さらに、中枢神経の伝達も悪くなるため性的興奮を受けても海綿体へ血液が集まりにくくなることから勃ちが悪くなります。

 

オナニーのやりすぎ

 

過激なビデオや特別な性癖を持っている場合、オナニーの時は問題なく勃起できても、いざ本番になると刺激が足りないためフル勃起しません。オナニーのやりすぎは柔らかくしてしまう原因となります。

 

以上がちんこを柔らかくしてしまう4つの原因です。もちろんこの他にも薬や精神病、トラウマなど様々な要因がありますが、こういったことが原因となる場合が多いようです。

 

いざという時のために確実にちんこを硬くする方法

チャンスはいつ訪れるか分かりません。いざという時、「やっぱりダメだ」とムスコが役立たずにならないよう、普段の生活の中でもたくましいムスコを意識しておきましょう。

 

では、まずは、普段の生活のなかで意識しておいた方が良いことを2つご紹介します。

 

普段から注意すること

過激なAVを観ない

 

あまりに過激なAVはリアルで邪魔をしてしまいます。ついつい現実をバーチャルをごちゃまぜにしてしまい脳が物足りなさを感じてしまっては上手く硬くなりません。

 

法に触れるようなプレイや、女性に嫌がられるようなプレイのAVは観ないようにしましょう。

 

ストレスを溜めすぎない

 

仕事上でのトラブルや人間関係で悩むのは社会通念上仕方のないことかもしれません。ですが、過剰なストレスは性生活にまで影響します。ストレス源から距離をおくなとして普段からストレスを溜めないように努力をしましょう。

 

質の高い睡眠やアロマやマッサージ、ゆったりとした入浴はストレス解消や疲労回復にも効果的です。

 

 

女性と飲んでて、「あれ?これ誘われてる?」となる時もあるかと思います。そういった時に役立つ方法もご紹介します。

 

いきなりの本番で硬くしたい時

 

お酒を飲まない

 

上述しましたが、酒を飲むと感覚神経が鈍ってしまい勃ちが悪くなってしまいます。お酒を飲まないことを大前提にその場を楽しみましょう。

 

コックリングを使う

 

ちんこを硬くするコックリング

 

コックリングとはちんこの根元に装着する金属製のリングのことです。コックリングを装着することで海綿体内に集まった血液を関止めることができるためちんこが硬く、膨張率もあがります。

 

大人のおもちゃ感覚のノリで付ければ女性にも気づかれないでしょう。

 

アマゾン:コックリング>>

 

継続的に硬くしたい場合

 

継続的に硬くしたい場合、20代、30代であれば、海綿体細胞はまだまだ増殖、増大させることが可能です。海綿体の増殖・増大させることで海綿体へ許容できる血液量が増え、ちんこ自体がでかくなり硬度が増します。

 

ちんこ増大仕組み

 

では、どうやって海綿体細胞に増殖を促していくのかというとチントレ(ちんこ増大トレーニング)と海綿体細胞の増殖を促す栄養素を摂ることです。要するに筋トレと同じで、「筋トレ+プロテイン」が「チントレ+必要栄養素」に変わります。

 

ページが長くなってしまうので続きは、次のぺージでお知らせします。ご興味のある方は次のページへお進みいただき継続的な硬さを手に入れてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加