このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルスタービヨンドに増大成分について

ヴォルスタービヨンド全61種類の増大成分

 

ヴォルスタービヨンドには合計61種類の増大成分が配合されています。ですが、その成分たちにどういった効能があるのか?と疑問に思われる方もいるでしょう。

 

こちらのページではヴォルスタービヨンドに含まれる全61種類の増大成分の効能について1つずつご紹介します。

 

「特定の成分の効能が知りたい」「ヴォルスタービヨンドにどれだけの効果があるか知りたい」など、ヴォルスタービヨンドについて詳しく知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

参考ページ

 

 

動物系成分

馬心筋抽出物

 

サラブレッドは競走に特化した性質を持ち、心臓にも必須アミノ酸を始めとした多数の栄養素を持っています。カルシウムや亜鉛、カリウムなどのミネラルも豊富で、ビタミンB群の摂取も可能です。バリン、ロイシン、イソロイシンなどの必須アミノ酸には筋肉を作り上げ、更にサポートする効果があります。ちんこの増大には体を構成する必須アミノ酸が欠かせません。

 

馬心筋エキス末には全ての必須アミノ酸が含まれています。
しかもこれらのアミノ酸が、吸収のよいペプチドの状態で含まれています。
引用元:「桜精」

 

タンパク質は通常の状態では消化吸収されにくく、体に取り込みにくいという難点があります。しかし馬心筋抽出物ではペプチド化(アミノ酸が複数結合した状態)になっており、人間が吸収しやすくなっているのです。

 

タツノオトシゴ

 

タツノオトシゴは海馬とも呼ばれ、漢方食材としても利用されています。含有されている成分はタンパク質やアミノ酸です。海の生物でもあり、そのまま粉末化されていることからミネラルも含みます。また男女ともにホルモンバランスを整える効果があり、男性機能を高めるために役立つ食品です。

 

男性へのテストステロン分泌向上は、性機能、勃起不全、前立腺肥大改善が注目され、海馬を用いたマウスの実験では、交尾期を延長し交尾休止期を短縮、さらに去勢したマウスに交尾期が現れる、興味深い臨床データが報告されています。

 

引用元:「ゑび屋」

 

タツノオトシゴは数百年以上前から漢方として使われる歴史の古い食材で、主に性機能改善に効果が期待されています。また多く含まれているタンパク質は筋肉の元となる成分です。日本人のタンパク質摂取量は減少傾向にあることから、成人男性の推奨量である1日60?70gを摂取する助けにもなります。

 

コブラ末

 

コブラに含まれている成分は、必須アミノ酸やミネラルです。中でもちんこ増大に期待されているのがスペルミンやコエンザイムです。コエンザイムはアンチエイジングに効果的な成分として、さまざまなサプリメントや化粧品にも使われています。

 

強壮効果のあるスペルミンというアミノ酸、精子を活発にするユビキノン(コエンザイムQ)という生理活性物質が確認され、科学的にも証明されました。
また脂肪には血圧の正常化にはたらくレニンという物質が解明され、猛毒に抗ガン作用があるという研究報告もあります。引用元:「健康食品百科事典」

 

スペルミンは精液にも多く含まれる成分であり、摂取することで強壮効果が期待できます。コブラにはタンパク質やミネラル物質も豊富に含まれており、単なる強壮剤としてだけでなく栄養補給にも最適な食材です。

 

トナカイの角粉末

 

トナカイの角に多く含まれるコラーゲンは、肌を美しくする効果も知られていますが骨や関節の健康にも役立つ成分です。またトナカイの角はタンパク質やアミノ酸もバランス良く含んでいるため、ちんこ増大に必要な栄養素がバランス良く摂取できます。

 

コラーゲン、リン酸カルシウム、タンパク質、アミノ酸、有機酸及び核酸塩基類などを含む。
「中屋」

 

トナカイの角は馴鹿(じゅんろく)と呼ばれ、昔から漢方食材として利用されています。リン酸カルシウムは、骨を作るために欠かせない成分でもあります。コラーゲンと一緒に摂取することで骨密度アップや骨の強化を行うこともできます。

 

サメ軟骨抽出物

 

サメの軟骨はコンドロイチンとも呼ばれ、関節痛の予防に最適な成分でもあります。サメ軟骨は滋養強壮作用のある漢方としても使われていますが、この関節痛予防の効果により一般のサプリメントにも広く利用されています。

 

「コンドロイチン(サメ軟骨)」は、サメ軟骨の主成分で、フカヒレなどにも多く含まれています。保水力のある物質で、クッションと潤滑剤の役割を果たしています。加齢とともに減少し、体内では作られにくくなる成分です。
「サントリーウェルネス」

 

年齢を追うごとに少なくなるコンドロイチンを補給することで、関節にクッション性が維持できます。これによりいきいきとした生活を送ることもできるのです。

 

ハブ粉末

 

コブラと同様毒蛇として知られるハブは、多くのアミノ酸やリノール酸など独自の成分を持っています。タンパク質が効率よく摂取できることもあり、体の成長を促進できます。リノール酸で血流アップ効果も期待でき、ちんこ増大を促してくれます。

 

人間に欠かす事の無い12種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれており、更に牛肉の3倍の良質な高タンパク質カルシウム、リン、リノール酸も含まれています。
「多幸山ハブセンター」

 

蛇は滋養強壮の漢方に使われる食材ですが、実際に多くの必須アミノ酸やタンパク質など強壮作用の高い成分が多く含まれています。特にハブは長期間ものを食べなくても生きていけるほど強い生物で、その強さはハブに含まれる高濃度のアミノ酸やタンパク質に現れています。

 

豚睾丸

 

豚は子沢山と言われ、精子をたくさん作る効果を期待して漢方や珍味として珍重されていました。最近ではラットでの実験も行われており、男性ホルモンであるテストステロン分泌機能の促進や、精子を活発に作る機能などが認められています。

 

ラットにおけるテストステロン分泌促進機能/ラットにおける精子形成促進機能/ラットにおける運動持久力向上機能
引用元:「原料・受託バンク」

 

豚睾丸にはプロタミン、ビタミン類が含まれます。豚睾丸のプロタミンの大部分はアルギニンによって構成されており、血流促進効果が得られます。またアルギニンには疲労回復効果もあります。

 

エラブウミヘビ末

 

沖縄や東南アジアなどに生息するウミヘビとして知られるエラブウミヘビは、ビタミンやミネラル、アミノ酸を含んでいます。また良質な脂質も含んでおり、自律神経に働きかけて精神をリラックスさせる作用もあります。ちんこの勃起力アップにも役立つ成分です。

 

ウミヘビ脂質は、治療がむずかしいとされている更年期障害にも大きな成果をあげています。更年期だけではなく、「ストレス」や「疲労」などから「自律神経のバランス」を崩す人も多いのですが、こうした場合も「ウミヘビ脂質」は有効です。
引用元:「いらぶー豆知識」

 

エラブウミヘビにはリノレン酸やDHAが多く含まれ、高血圧の予防にも最適です。血圧が下がるだけでなく、血流改善にも効果的なので健康効果の高い食材でもあります。

 

黒蟻粉末

 

黒蟻には豊富なミネラルが含まれます。特にセレンや亜鉛が多く、亜鉛は免疫を高めたり髪や爪の健康を守る効果もあります。亜鉛不足は勃起障害にもつながることから、しっかり摂取することが大切です。

 

注目成分は、蟻の力の源とされるエクジソンや、蟻のフェロモンである特有の有機酸です。中国では蟻の研究が進み、
睾丸、卵巣、子宮の重量と精子数を増加させる効果がラット実験により確認されました。
引用元:「ゑび屋」

 

黒蟻には蟻特有のフェロモン物質が含まれ、ちんこに与える効果も検証されています。精子を増やして精力を高めたい場合にも黒蟻粉末は有効なのです。

 

マムシ末

 

コブラ、ハブなどと同様に毒蛇として知られるマムシは、日本でマムシ酒やマムシ末などとして広く利用されています。マムシには牛肉より豊富なタンパク質や鉄分、カルシウムが含まれています。鉄分には造血作用がある他、カルシウムと同様に骨や歯を作る元にもなります。造血作用はちんこへの血流アップが期待できます。

 

最近の研究ではマムシ(反鼻)の有効成分に、強心作用、血球数および血色素を増加させる作用があることがわかっています。
引用元:「熊本産天然まむし専門店」

 

マムシには血を増やす効果があることが研究で分かっており、良質な血液を生み出したい人にも最適です。

 

蜂の子末

 

蜂の子はそのまま食用にもなっている健康食品です。タンパク質を豊富に含むため、体を作るために必要な栄養素が摂取できます。栄養たっぷりの蜂の子は、ちんこを育てるための体作りに最適です。

 

ミツバチの蜂の子の栄養成分を分析したところ、たんぱく質、脂肪、および炭水化物を豊富に含み、加えて、ビタミン、ミネラル、脂肪酸、さらに、ヒトの体内で合成できない等のために、食事から栄養分として取り込まなければならない必須アミノ酸が含まれることが明らかになりました
引用元:「蜜蜂健康科学研究所

 

蜂の子には数多くの栄養素が含まれています。ビタミンCやB群、ロイシンやイソロイシンなどの必須アミノ酸もバランス良く含まれているので健康効果も高く、総合栄養食として利用されているのです。

 

馬の睾丸

 

馬の睾丸は豚の睾丸と同様に、精力アップに効果的な食材です。血流改善効果のあるシトルリンが含まれる他、豊富なタンパク質やミネラル成分を摂取できるためちんこの成長を促してくれます。

 

タンパク質の一種であるプロタミンをはじめ、核酸やミネラル等が豊富に含有されています。
引用元:「赤ひげ薬局

 

基本的な成分は豚の睾丸と似ており、勢力を高めるプロタミンなどの成分が豊富です。豚の睾丸エキスには研究結果として精力アップが認められていますから同じ成分を多数含む馬の睾丸も同じ効果が期待できます。

 

ヤツメウナギ抽出物

 

ヤツメウナギに豊富に含まれるビタミンAは、皮膚粘膜や目に良い栄養素です。ビタミンAだけではなく魚類に豊富なDHAやEPAなどの良質な脂肪酸もヤツメウナギの魅力です。血の巡りが良くなり増大にも効果的です。

 

ヤツメウナギには、ビタミンA・ビタミンB類・ビタミンD・ビタミンE・鉄などの他、DHAやEPAなど様々な栄養が豊富に含まれていますが、特に、「目のビタミン」 といわれているビタミンAが、他の食品と比べて突出しています。
引用元:「八つ目漢方薬局

 

ヤツメウナギは食用として古くから利用されています。それはこの栄養素の豊富さが、健康をサポートしてくれるためです。抽出物として利用することで消化吸収もアップします。

 

サソリ粉末

 

サソリと言えば毒を持つ甲殻類として有名ですが、このような食品に利用されているサソリは中国産のものです。よく知られている猛毒のサソリではなく、毒はありますが食用として利用できるものです。

 

アミノ酸、亜鉛を多く含む精力強壮食品です。
引用元:「健康食品百科事典

 

サソリに含まれるアミノ酸や亜鉛は、ちんこ増大に欠かせない成分です。アミノ酸は筋肉を作るために必須の成分であり、亜鉛は免疫力向上もサポートします。

 

植物系成分

バイオペリン

 

バイオペリンは黒胡椒エキスであり、アミノ酸などの栄養吸収効率を高めてくれる優れた成分です。多くの成分を体に取り込みやすくするため、ちんこ増大を更にサポートしてくれます。

 

バイオペリンRはインド南部の湿気の多い肥沃な土壌で栽培される黒胡椒の実から抽出したナチュラルエキスです
引用元:「バルクスポーツ

 

栄養素の中でもミネラルなどは、そのまま吸収されるわけではありません。どうしても吸収率が悪いので、一定量しか取り込めないのです。ですがバイオペリンはビタミンやミネラルの吸収も良くしてくれます。

 

ジオパワー15

 

ジオパワー15は山の芋(ワイルドヤム)を抽出したものです。この山の芋にはジオスゲニンが含まれています。ジオスゲニンはさまざまな効能が期待されていますが、最も期待できるのは老化防止です。

 

ジオスゲニンが「若返りホルモン」とも呼ばれるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)と構造が似ているため、同じような作用があることが報告されているからです。
引用元:「MEDICINE ALPHA

 

また、ジオスゲニンはエストロゲンと同様の効能を発揮するため、女性のホルモンバランスを整える健康効果もあります。

 

レスベラトロール

 

レスベラトロールはぶどうの皮などに多く含まれているポリフェノールです。レスベラトロールはサーチュイン遺伝子を活性化させてくれる効果を持ちます。サーチュイン遺伝子が活性化すると、動物実験などで寿命が延びることがわかっています。

 

ハーバード大学のデービッド・シンクレア博士の研究チームは、このレスベラトロールが酵母の寿命遺伝子であるSir2(サーツー)遺伝子に直接作用し、活性化させていることをつきとめました。
引用元:「富士フィルム

 

老化を防いでくれるレスベラトロールは、ちんこ増大に直接関わるわけではありませんが精力の衰えを防止してくれます。

 

クラチャイダム

 

クラチャイダムは黒生姜とも呼ばれており、タイ原産の植物です。研究により美容効果なども報告されていますが、タイでは昔からちんこ増大や勃起力アップなどのために利用されています。クラチャイダムにはアルギニンが多く含まれるため、血流改善も促進してくれるからです。

 

原産国タイでは1000年以上も前の昔から、滋養強壮や精力増強、疲労回復や血圧調整、腹痛、アレルギーなどに効果があると信じられており、長寿薬としても使用されている。さらに、男性の勃起不全(ED)の改善にも効果があるとされている
引用元:「ウィキペディア

 

クラチャイダムの健康効果は豊富で、それにはクラチャイダムに含まれるフラボノイドも関わっています。フラボノイドは抗酸化作用の高い成分で、動脈硬化予防にも最適です。

 

黒マカ末

 

マカにはいろいろな種類がありますが、表皮の黒い黒マカは他のマカに比べても栄養成分が豊富です。アルギニンが豊富なこともあり、勢力を漲らせたい男性にぴったりの成分です。

 

黒マカは、赤マカや黄マカと比べ、アルギニン酸、グルコシノレート、アントシアニン、ポリフェノールなどがより多く含まれている。特にアルギニン酸の含有量が突出していることが確認された。
引用元:「マカ薬効植物普及会

 

黒マカはラットを使った研究なども行われており、精子の作られる量もアップすることが知られています。精力減退に悩む人に対しても効果を発揮します。

 

トンカットアリエキス末

 

トンカットアリは東南アジアに自生するハーブです。植物として人間が栽培して増やすことが難しく、自然に生えたものを利用しているため貴重な植物として知られます。トンカットアリの特徴は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すことです。研究も行われており、血流アップや傷の治りをよくする効果も知られています。

 

哺乳類を対象に、トンカットアリ、ハマシビ、リーザ抽出物を10週間摂取させたところ、性情動が上昇し、精液量、精子濃度、精子運動能力が有意に上昇していたことから、トンカットアリは男性性機能改善効果を持つと考えられています。
引用元:「わかさ生活

 

実際に哺乳類を使って研究をしていることから、トンカットアリは人間のテストステロンを増やす効果も期待できます。その他むくみ改善などにも効果を発揮するため、体調をよくしたい男性にも最適です。

 

α-GPC

 

α-GPCはコリンを効果的に摂取できる成分です。比較的新しい食材であり、α-GPCは認知機能のアップやアルツハイマーへの効果が期待されていることでも知られています。実際に欧州ではα-GPCが認知症の治療に利用されているのです。

 

近年の研究ではアルファGPCが脳下垂体での成長ホルモンの分泌促進機能があることが判明しています。
holstein

 

 

ちんこ増大にα-GPCが関わってくるのは、成長ホルモンの分泌を高めてくれるからです。成長ホルモンは成人を過ぎると分泌量が低下します。ですが増大を目指しているなら成長ホルモンは大切な役割を果たします。

 

赤ガウクルア末

 

赤ガウクルアはソフォンとも呼ばれ、ハーブの一種としてインドやタイで採取されています。抗菌作用があることも知られていますが、主に期待できるのは男女の性機能のアップです。

 

勃起不全障害(ED)の男性患者(約30〜70歳)に対し、アカガウクルアを3ヶ月間飲用させた結果、82.4 % において改善が見られたことから、アカガウクルアには精力増強効果が期待されています。
引用元:「わかさ生活

 

赤ガウクルアは勃起障害にも対処でき、女性の子宮にも影響を与えることが分かっています。ちんこ増大を目指す男性も積極的に摂りたい成分です。

 

スピルリナ

 

スピルリナは、藻の一種として知られるミドリムシのことです。日本の企業が養殖に成功したことで、次世代のエネルギー源や食品として期待されています。

 

その50%以上が良質のたんぱく質。他に、葉緑素やベータカロテンなどのカロテノイド、ビタミン、ミネラルを含んでいます。
引用元:「ファンケル

 

スピルリナの魅力は、動物性の栄養と植物性の栄養が同時に摂取できることです。他にはない効率の良い栄養吸収が可能なため、体の成長を促進したい人に最適な成分です。

 

ムクナエキス

 

ムクナはインド原産の植物で、ハーブとして珍重されています。成分としてドーパミンの原料となるL-ドーパが含まれていることが大きな特徴です。

 

インドで行われた研究では、ムクナによって精液の濃度と精子の運動性が全ての不妊症被験者で改善されたという結果が出ています。
引用元:「バイオアクティブズジャパン株式会社

 

ドーパミンは体を動かす作用もあり、興奮・覚醒作用もあります。精子の機能がアップすることは研究でも報告されているため、精力を高めたい場合には有用な植物です。

 

クエン酸

 

クエン酸には疲労回復効果があることが知られています。柑橘系の果物を始めとして酸っぱいものに多く含まれることが特徴です。健康を助ける成分であり、免疫力向上にも効果的です。

 

血液をキレイにし血管を丈夫にする腎臓の機能を改善します。諸臓器への正常な酸素の供給、血圧の正常化、排泄排便障害の緩和・体内老廃物の排泄もされます。
引用元:「ショップすこやか元気

 

血液を美しくすることは、血のめぐりを良くすることにもつながります。クエン酸を取り入れることでちんこへの血流もアップすることができます。

 

カツアーバエキス末

 

カツアーバはブラジル原産の植物で、固有の栄養成分であるカツアビンA、B、Cが含まれていることが特徴です。この栄養素は神経に作用するアルカロイドの一種であり、性機能を高める効果も認められています。ブラジルでは一般的に精力剤として利用されている成分です。

 

実験によりカツアーバには血管拡張作用、血管弛緩作用があることが確認されています
引用元:「株式会社七寶商会

 

血管を広げることで血流をスムーズにしてくれるカツアーバには、勃起力を高める効果もあります。

 

イチョウ葉エキス末

 

イチョウ葉は、血液のめぐりを良くするハーブとして欧州で長年利用されてきました。また抗酸化力も高く、認知機能アップや老化防止に最適な栄養素であるポリフェノールの一種、フラボノイドが豊富に含まれます。

 

イチョウ葉の健康パワーの源は、植物特有の「フラボノイド成分」と、特有成分ギンコライドを含む「テルペンラクトン類成分」。
引用元:「サントリー

 

イチョウ葉の香り成分としても知られるギンコライドは、血流を促してくれる成分です。血流アップはちんこ増大にも必要な要素です。

 

ヒハツエキス

 

ヒハツは東南アジアのハーブで、血行促進やむくみ解消に効果的な香辛料の一種です。血行促進効果はちんこ増大にも効果を示します。

 

有用成分はピペリンという辛み成分であり、インドのアーユルヴェーダと呼ばれる伝統医学ではヒハツは最も強力な薬草の1つに数えられ、長寿を促すものとされています。
引用元:「マイナチュレ

 

ヒハツに含まれるピペリンは、ブラックペッパーにも含まれるアルカロイドの一種です。神経に作用するため、精神的な面からも精力増強をサポートします。

 

カンカニクジュヨウエキス末

 

カンカニクジュヨウは砂漠地帯に生える植物です。エキナコシドとアクテオシドが主な有効成分ですが、この成分には血管を緩めて血流を良くする効果があります。

 

アクテオシド(ポリフェノールの一種)は抗酸化力が非常に強く,レスベラトロール(ブドウポリフェノール)の15倍,ビタミンCの5倍であると報告されています。
引用元:「オリザ油化株式会社

 

レスベラトロールやビタミンCはともに抗酸化作用の高い栄養素として有名ですが、それ以上に抗酸化作用の高いカンカニクジュヨウは老化防止やいきいきとした生活を送るために欠かせない栄養素です。

 

ハバネロ末

 

ハバネロはメキシコ原産の唐辛子です。辛味は日本の唐辛子よりも強く、カプサイシンも多めです。辛味成分のカプサイシンが豊富に含まれており、ダイエット効果や冷え性改善に効果的な成分です。

 

血流が良くなるので、体を温めたり、胃液の分解を促して消化吸収を助けるなどの作用もあります。ビタミンCやカテロンも豊富。
引用元:「野菜の成分・効能

 

ハバネロに強壮作用があるのは、血流アップをサポートしてくれるからです。体を温めて免疫力を高めることもできますし、体の健康を守るためのビタミン類もたくさん入っています。

 

タマネギ外皮エキス末

 

タマネギの成分には血液をサラサラにして、コレステロールを抑制する効果があります。その主なものがケルセチンです。ケルセチンは皮に多いので、外皮エキスはタマネギの血流アップ効果を最大限に活かすことができるものです。

 

玉ねぎにはケルセチンというポリフェノールとシクロアリインという含硫アミノ酸が含まれています。ケルセチンは黄色の色素で、実の部分よりも皮のほうにたくさん含まれています。
引用元:「東海物産

 

ケルセチンには抗酸化作用もあり、老化を防いでくれる成分でもあります。またタマネギのシクロアイリンは実に多いため、外皮エキスで摂取できるのは苦味成分でもあるケルセチンが主です。

 

ムイラプアマエキス末

 

ムイラプアマは日本でも南の地域で自生しています。また葉には胃腸機能を改善する効果もあり、木の部分だけでなく幅広い使い方ができるハーブとして人気です。

 

ムイラプアマを摂取すると体内の血流を促進させ、体温を上昇させる作用があります。これによって男性の精力アップにも効果があるとされています。
引用元:「薬のネット通販

 

ムイラプアマは昔から精力を高めるハーブとして珍重されていますが、医学的なデータに基づくわけではありません。ですが長年利用されているハーブだけあって、血流改善効果は高くちんこにもしっかり血がめぐります。

 

ミネラル系

亜鉛

 

亜鉛は細胞を作り出すために必要な栄養素です。そのためちんこをでかくするためには欠かせないものなのです。その他に、免疫を高めたり皮膚粘膜を強化する作用も持っています。

 

亜鉛は新陳代謝に必要な反応に関係する多種類の酵素をつくる成分となるほか、たんぱく質の合成や遺伝子情報を伝えるDNAの転写に関わっています。このため、細胞の生まれ変わりが活発なところでは亜鉛が必要とされます。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

亜鉛不足になると、味覚障害が現れます。また免疫力の低下にも繋がります。亜鉛は魚介類に多く含まれていますが、食品として一番亜鉛を含んでいるのは牡蠣です。

 

牡蠣を摂取すれば1日の所要量を満たすことは比較的簡単です。また亜鉛は過剰摂取すると問題も起こります。ただし上限は30mgなのでサプリメントや食品で過剰摂取が起こることは稀です。

 

 

鉄はミネラルの一種であり、血液を作るために大切な働きをしています。レバーや魚類、海藻などにも豊富です。貧血を防ぎ、ちんこ増大にも欠かせない赤血球を作り出してくれる栄養成分のためバランスよく摂取することが大切です。

 

体内の鉄は、その約70%が血液中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分になっていて、約25%は肝臓などに貯蔵されています。ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき、酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きをしています。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

成人男性の1日に必要な鉄分は7〜7.5mg程度です。上限量は50mg程度ですので、一般的なサプリメントの目安量ではそこまで摂りすぎになることもありません。

 

マグネシウム

 

マグネシウムは骨の形成にも使われています。また普段の血圧を正常に保ったり、排便をしやすくする効果もあります。日本人は不足気味の栄養素でもあるため、積極的な摂取をすることで骨粗しょう症などの疾患や生活習慣病予防にもつながります。

 

カルシウムではそのほとんどが骨にあって骨が貯蔵庫の役割をしていることは知られていますが、マグネシウムも50〜60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用されます。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

マグネシウムは過剰摂取すると下痢になることもありますので、体質により上限量には気を使うことも大切です。30〜49歳の男性では1日370mgが推奨量ですが、別途食品外からの摂取は350mg程度が上限となっています。

 

アミノ酸系

L-シトルリン

 

シトルリンはスイカから見つかった成分です。主な効能として血流を良くする作用があります。スイカに多い成分ですが、逆に言えばそれ以外の食品に目立って多い成分ではなく、サプリを使うことで効率的に取り入れることができます。

 

鎌形赤血球患者5名を対象とした予備的な試験において、L-シトルリンを1日に約0.1 g/kg体重、4週間摂取させたところ、摂取前と比較して血漿中L-アルギニン濃度の上昇、左心室重量係数、白血球数、好中球数の低下が認められたという研究報告があります。
引用元:「わかさ生活

 

シトルリンは血管を広げて血行を良くする作用がありますが、研究結果では血中のアルギニン濃度を高める効果も出ています。アルギニンと同時に摂取するのが最適と言われる理由は、このような相乗効果にあります。

 

L-アルギニン

 

アルギニンはシトルリンと一緒に摂取することで、相互作用があります。精力アップ効果が認められている植物にもアルギニンが多く含まれており、高い効果を発揮します。

 

アルギニンはエネルギー産生をサポートし、成長ホルモンの分泌や血流促進、免疫機能の増強など、さまざまな効果を持つアミノ酸。
引用元:「協和発酵バイオ

 

成長ホルモンの分泌を促すため、ちんこ増大にも効果的です。多くの栄養素と一緒に取ることで、肝機能改善などさまざまな効果を発揮します。

 

L-ヒスチジン塩酸塩

 

ヒスチジンは成長を助ける効果のある成分です。子どもが自分で作り出せないアミノ酸であるため、子どものうちは必須アミノ酸になります。成人は自分の体内でも作り出すことが可能ですが、脂肪を燃やしたり肝機能をサポートする効果もあるため健康に良い成分です。

 

ラットに、ヒスチジン含有(0, 1, 2, 2.5, 5%)の餌を8日間摂取させたところ、食欲の減退が見られました。また脂肪燃焼に関連する褐色脂肪細胞が活性化されたことから、ヒスチジンが食欲調節効果と脂肪燃焼効果を持つことが示唆されました。
引用元:「わかさ生活

 

ちんこ増大に関するヒスチジンの効能としては、成長を促進してくれると言う点です。もちろんダイエットにも役立ちますし、神経を保護する作用もある万能な栄養素です。

 

オルチニン

 

オルニチンはしじみに多く含まれる成分です。一般的に肝臓の機能改善や疲労回復に効果的であることが知られています。
ちんこ増大には健康な体が欠かせないことから、オルニチンも必要な成分と言えるでしょう。

 

健常成人17名を対象に、トレーニングとともにオルニチンならびにアルギニンを摂取させたところ、成長ホルモンならびにインスリン様成長因子の増加が見られたことから、オルニチンは成長促進作用を持つと考えられています。
引用元:「わかさ生活

 

アルギニンと一緒に摂取することで成長ホルモン分泌が高まることが研究結果として出ているため、増大サプリを摂取することでちんこの成長も見込めます。

 

グルタミン

 

グルタミンは小麦粉や豆などに多く含まれる成分で、腸の働きをよくしたり筋肉を作るサポートをしてくれます。そのため健康効果も高く、体づくりにも最適な成分です。

 

骨髄移植後の患者20名 を対象とした二重盲検無作為比較試験において、静脈栄養にグルタミンを付加したところ、血中のリンパ球 (CD4、CD8細胞) の増加がみられ、リンパ球の改善を支持するとの報告があります。
引用元:「わかさ生活

 

グルタミンを摂取することで免疫力の向上が期待できるため、病気の予防をしたい人にも向いています。傷の治りも早くなるため、手術後の回復も助けられるのです。

 

フェニルアラニン

 

フェニルアラニンはアミノ酸の一種です。主な効果は痛み止めや、脳の興奮物質を伝達する役割を果たすことです。食事からも摂取することができ、大豆や小麦に多い成分として知られています。

 

うつ病患者155名に対し、L-フェニルアラニ250 mg および L-デプレニール5〜10mgとを毎日投与したところ、うつ病症状が緩和されたことから、フェニルアラニンが抗うつ作用を持つと考えられています。
わかさ生活

 

フェニルアラニンは脳に作用する栄養素でもあるため、興奮を高めて精力にも影響があります。うつ状態では性的にもよくないため、気持ちを高めるためにも大切な成分です。

 

リジン

 

リジンには成長を促進する作用があります。そのためちんこ増大にも利用されているのです。他にも疲労回復や血圧を安定させる効果もあります。

 

肝障害ラットに、リジンやアルギニンを投与したところ、肝臓中の炎症関連物質IL-1αやIL-β、TNFαが低下したことから、リジンに肝臓保護効果が期待されています。
引用元:「わかさ生活

 

リジンが肝障害に効果的であることは、アルギニンと一緒に利用した際に認められています。ラットでの実験ですが、増大サプリにはアルギニンも含まれているため肝機能アップにも効果が期待できます。

 

L-チロシン

 

チロシンは精神の安定に効果的な成分です。ちんこ増大とは直接的なかかわりはありませんが、精神がリラックスすることで血流も良くなります。

 

チロシンのストレスに対する効果について行った研究では、軍隊の厳しい訓練で、チロシンを摂取した兵士は、摂取していない兵士よりもストレスへの抵抗が強かったということが明らかとなっています。
引用元:「わかさ生活

 

ストレスのかかりやすい状況であっても、チロシンの摂取をすることで抵抗力がアップします。またその他に白髪防止の効果もあり、外見上の老化を防ぎたい男性にも最適です。

 

L-メチオニン

 

メチオニンは、食事からの摂取が必要な必須アミノ酸のひとつです。老化防止作用があることから、健康維持にも効果的です。

 

メチオニンは、抗酸化ミネラルであるセレンを運搬する役割を担っており、体内の抗酸化作用を高める働きを持ちます。
引用元:「わかさ生活

 

メチオニンはいろいろな作用が報告されており、肝機能改善やアレルギー緩和など健康的に生活するためには欠かせない栄養素です。

 

L-アラニン

 

アラニンの効果として知られているのは、アルコールを代謝して肝臓の機能を守ることです。グルタミンとアラニンは肝機能改善に効果があることが研究でも分かっており、肝臓を守ることで疲れにくい体を作ることができます。

 

アルコールを長期間投与し、肝臓障害を誘発したラットに対し、アラニンとグルタミンを与えました。その結果、肝障害時の肝再生の指標となるポリアミン代謝が改善されることが示されました。
引用元:「わかさ生活

 

アラニンには運動を長時間行う際にも有効です。精力を高めるためにはエネルギーも必要になります。アラニンはエネルギーの元になる物質でもありますから、男性機能をアップさせたい場合にも最適な栄養素です。

 

L-アスパラギン酸Na

 

アスパラギン酸Naの元となるアスパラギンは、名前の通りアスパラガスに含まれている成分です。アミノ酸の一種でもありうまみ成分があることが特徴です。健康効果として、解毒作用や疲労回復効果があります。

 

ラットに激しい運動をさせる際に、事前にアスパラギン350mM 及びアスパラギン酸400mM を7日間摂取させたところ、運動疲労による筋肉と肝臓でのグリコーゲンの分解が緩やかになりました。アスパラギンとアスパラギン酸には運動疲労改善効果が示唆されました。
引用元:「わかさ生活

 

精力を高めたいなら、激しい運動にも耐えられる体作りが大切です。アスパラギン酸は筋肉や肝臓の疲労を効率的に解消してくれる優れた成分です。

 

L-セリン

 

セリンの効果は多いですが、主に美肌作用や眠りの質を高める効果があります。またアルツハイマーなどの認知機能の障害にも効果を発揮します。

 

L−セリンの脳室内注入が、ストレスの多い状態の新生ひよこにおいて鎮静作用および催眠作用を誘発したという実績があります。経口摂取によっても、慢性的なストレスによって誘導される症状を減弱させる可能性があると示唆されています。
引用元:「わかさ生活

 

ストレスを軽減させることは、勃起障害などのトラブルを防ぐためにも役立ちます。ゆったりとした気持ちになることで血流アップも起こりますし、ちんこ増大に向けて下地を作ることができるでしょう。

 

L-グルタミン酸

 

グルタミン酸はうまみ成分のひとつですが、脳の活性化に役立つ栄養素でもあります。神経の興奮を伝えることができるので、勃起力を高めたい人にも最適でしょう。その他脂肪を溜めないようにしたり、肌を綺麗にする効果もあります。

 

グルタミン酸とは体内で合成することができる非必須アミノ酸の一種で、興奮系の神経伝達物質としても働きます。
引用元:「わかさ生活

 

グルタミン酸は必須のアミノ酸というわけではありませんが、脳神経を活性化するだけではなく解毒作用や血圧安定効果など優れた効能を持つ成分です。食事からも摂取できますが、サプリメントから適量を摂取することも有効です。

 

ビタミン系成分

VC

 

VCはよく知られているビタミンCのことで、水溶性のビタミン類です。美容効果があることでも知られていますがその他の作用もたくさんあります。
ストレスにより使われるので、ストレス過多の場合は多めに摂取することが大切です。

 

皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

ビタミンCは病気への抵抗力を高め、健康効果も高いことからバランスよく摂取することが大切です。生のフルーツや野菜にも含まれていますが、現代の食生活では摂取量が減っているため積極的に摂ることが必要です。

 

VE

 

VEはビタミンEのことで、抗酸化作用の高い脂溶性ビタミンとして知られています。ナッツ類などに多く含まれており、体内の酸化を防ぐことで老化防止に役立ちます。

 

ビタミンE作用をするトコフェロールという物質には数種類ありますが、このうち最もその作用の強いのはα(アルファ)-トコフェロールです。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

成人男性のビタミンE摂取量は、1日6.5mgが推奨されています。上限量は800〜900mgです。ビタミン類はEだけでなくAやCにも抗酸化作用があるため、合わせて摂取することで効果が高まります。

 

VB3(ナイアシン)

 

ナイアシンを摂取することで、食欲を安定させ消化をしっかり行うことができるようになります。皮膚粘膜の免疫を高める効果もある栄養素です。

 

ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働きをします。これは皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きもすることになります。ナイアシンは不足がすすむとペラグラという欠乏症になることが知られています。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

ペラグラは中南米などでよく起こっていたナイアシン欠乏症です。日本で一般的な食生活をしていれば不足の心配はそれほどありませんが、上限量は成人男性で300〜350mgのため意識はしておきましょう。

 

VB6(ピリドキシン)

 

VB6はビタミンB12のことです。これはタンパク質を摂取する人に欠かせない栄養素です。ちんこ増大には筋肉や血液を作り出すことは大切なポイントであり、タンパク質を多く含む成分を多く摂取することにもなります。その際VB6が含まれていることで、更に筋肉や血液を作りやすくしてくれます。

 

ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。このため、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。また、以上のことから皮ふや粘膜の健康維持にも役立っています。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

成人男性のVB6の1日推奨量は1.4mgですが、タンパク質の摂取量に応じて多めに必要です。上限は50〜60mgなので、過剰摂取になることはほぼありません。

 

VB12

 

VB12はビタミンB12のことで、水に溶けるビタミンの一種です。ヘモグロビンを増やすことから血液量を増やし、ちんこ増大にも効果的です。また悪性貧血にも効果を発揮します。

 

ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。また、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

動物性食品に多く含まれるビタミンB12は、成人男性で1日2.4mgが推奨量です。過剰に摂取しても出て行くので、摂りすぎの心配もなく安全なビタミンです。

 

VB1

 

VB1はビタミンB1のことで、私たちが主食として利用する炭水化物を始めとした糖質をエネルギーに変えてくれます。またビタミンB1が過度に不足すると脚気が発生するため、意識して摂取したい成分です。

 

ビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

成人男性のビタミンB1摂取量は、1日1.4mg程度が推奨されています。基本的には水溶性ビタミンのため過剰摂取の心配はあまりありません。極端な過剰摂取にならない限り副作用もないため、一般のサプリメントの目安量なら心配もありません。

 

VB2(リボフラビン)

 

VB2はビタミンB2のことです。ちんこを増大させるためには、エネルギーを欠かすことはできません。ビタミンB2は多くの栄養素を代謝するために必要な栄養のため、多めに摂取する必要があります。

 

主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

ビタミンB2の摂取量として、成人男性では1日1.6mg程度が推奨されています。水溶性ビタミンのため過剰摂取を心配する必要もありません。口内炎などを防ぐこともできるので、サプリメントから補うことも必要になります。

 

VA(β-カロテン)

 

VAはビタミンAのことで、目に良い栄養素として知られています。それ以外にも皮膚粘膜の抵抗を高めたり、体の成長を促す効果を持っています。

 

ビタミンAは、発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能(視覚の暗順応)に関わったり、さらにのどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりなど、たくさんの重要な役割を持っています。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

ビタミンAは成人男性で1日800〜900μgRAE程度必要とされます。上限は2700μgRAEです。レバーなどに多く含まれており、緑黄色野菜にも豊富です。日本人は動物性食品よりも野菜から摂取するビタミンAが多いことが知られています。

 

葉酸

 

葉酸はビタミンB群に含まれる水溶性ビタミンです。緑黄色野菜である緑の葉に多く含まれるため、葉酸と呼ばれています。ビタミンB12と合わせて摂取することで、血液を作り出す作用が高まります。また脳や心臓のトラブルを防ぐ栄養素として、研究もされています。

 

葉酸は、たんぱく質や細胞をつくる時に必要なDNAなどの核酸を合成する重要な役割があります。このため、赤血球の細胞の形成を助けたり、細胞分裂が活発である胎児の正常な発育に役立ったりするなどの大切な働きをしています。さらに最近では、成人において脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患を防ぐという研究結果が多数報告されています。
引用元:「グリコ栄養成分百科

 

葉酸は成人男性で1日240μg摂取することが推奨されています。上限量は900〜1000μgとかなり多いため、過剰摂取の危険も少ない成分です。

 

その他の成分

ステアリン酸Ca

 

ステアリン酸Caは飽和脂肪酸の一種です。飽和脂肪酸とは、バターや動物性の脂肪などに多く含まれる脂肪酸です。ステアリン酸はその中で長鎖脂肪酸に分類されます。

 

ステアリン酸とは、生体内に見られる高級飽和脂肪酸の一種のことです。
引用元:「わかさ生活

 

飽和脂肪酸は摂りすぎることは禁物ですが、エネルギーを作るために欠かせないものです。ちんこ増大にはエネルギーも必要になるため、ステアリン酸Caも一定量は摂取しましょう。

 

微粒二酸化ケイ素

 

二酸化ケイ素は添加物として利用されている、シリカと呼ばれる成分です。シリカには種類があり、石として有名な石英などの結晶タイプとそれ以外のものにわけられます。

 

食品添加物や顔料、健康食品として使用されているシリカは、発がん性のない非結晶性のものである
引用元:「ウィキペディア

 

ペニス増大サプリに含まれる二酸化ケイ素は、一般的な添加物であり安全性も高いものです。結晶になっているシリカと混同しないように気をつけましょう。

 

植物核酸

 

核酸にはさまざまな種類がありますが、植物核酸は植物から抽出されたものです。DNAとRNAのことを核酸と呼びますが、近年は新しい栄養素として活用されています。

 

生命活動の根本を担う核酸は、 私たちのからだを構成する約60兆個の細胞一つ一つの中に含まれており、核酸の栄養学的な側面についても注目が 集まっています。
引用元:「フォーデイズ

 

核酸を摂取するメリットのひとつとして、ビタミンB群が体の中で働くのを助けてくれる作用があります。相互作用があるため、体作りに欠かせないビタミンB群を摂取する時に合わせて摂るのが効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加